So-net無料ブログ作成

2014年産五百万石特等米 [根知だより2014]

9月24日(水)午前

 昨日午前9時半から弊社精米所(国の特別検査場)にて、第一回目の等級検査がありました。公益財団法人日本穀物検定協会から検査官を派遣して頂き、2014年産五百万石について、自社栽培、契約栽培すべての等級検査が終わりました。

 契約農家3軒の検査から始まり、自社栽培へと作業は進んでいきました。契約農家の五百万石はすべて1等米。中には特等米に近いものがあり、全般的には楽々1等米の格付けでした。自社栽培については受検した数量の98%が特等米になりました。すごいことです。

 五百万石については収穫作業、等級検査がすべて終了し、数量と品質の格付けが確定しました。2014年産五百万石の実に61%が特等米です。温度、日照時間、降水量の基本データを見ていても、決して順調な天候ではありあせんでしたが、自社栽培を始めて12年目にして最高の五百万石を手にすることになりました。

 台風16号の影響が心配されますが、この台風が通過した後に越淡麗の稲刈りが始まります。こちらは晩生品種ですので、早生の五百万石とはまた違った品種特性を持っていますが、さてどうなることでしょうか。無事の収穫を祈るばかりです。

 まずは五百万石の豊穣を天神地神に感謝し、そしてスタッフの精励に感謝します。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。