So-net無料ブログ作成
検索選択

米トレーサビリティー法 [根知だより2015]

1月10日(土)午後

 事務所の外には1mの積雪。穏やかな日差しで雪の白さが際立ちます。今年の冬は暮れも正月もなく、よく雪が降りました。時折雨も降って、屋根雪下ろしが大変でした。若い頃は何でもなかった作業がだんだん大変になってきましたが、酒造りには抜群の環境だし、雪解けの水は農業用水になりますから、自然の恵みに感謝します。

 さて、昨年来いろいろな形で日本酒が取り上げられています。新聞テレビ雑誌、単行本、様々な視点から日本酒を盛り上げて頂き、ほんとうにうれしいかぎりですが、中でも原料米に注目し、米作りについてや、その産地を取り上げる記事も出始めました。もう少し時間がかかるかもしれませんが、いよいよ日本酒の世界にも「産地」を語り、米作りから酒造りまで同一地域で完結する「ドメーヌ・スタイル」の酒蔵がマーケットからその価値を認められるステージが見えてきそうです。

 日本酒のラベルをよく見て下さい。原材料表示の中に「米(国産)」、「米こうじ(国産米)」と書いてあるケースが多いと思いますが、これは「米トレーサビリティー法」に基づく表示義務です。少なくとも外国産米は使っていませんよ、という表示ですね。因みに、弊社では根知谷産米100%ですので、「米(新潟県産)」、「米こうじ(新潟県産米)」となっています。

 新潟県で日本酒を造っているのに「長野県産米」とか「兵庫県産米」という表示は地酒らしくないですね、少なくとも消費者の目線ではそうでしょう。また、ややこしいことに、例えば新潟県産米と長野県産米を併用した製品では、その使用比率を書かない場合は、「国産米」という表示になります。

 あくまでも大切なことは、原料米を「どこで」、「誰が」、「どんな栽培方法で」作り、「どんな品質評価を受けたのか」 ということを消費者に示すことができるかどうか、ということです。

 いま、マクドナルドの異物混入が報道されていますが、食材そのもののトレースがそれ以上に重要なはずです。価格の高い、安い、ではなくて、製品原材料の由来そのものの情報が開示される状況をメーカーは準備しなくてはなりません。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。