So-net無料ブログ作成
検索選択

地鎮祭20150611 [根知だより2015]

6月12日(金)午前

 今日は梅雨らしい天気です。ジトッとしてアジサイとカタツムリがピッタリな風情。田植えから30日経過すると中干しのタイミングに入りますが、今年は比較的気温が高めに推移したため、分げつが平年より進み加減で、生育抑制をはかり、弱小分げつを最小限に抑えることが重要になります。

 昨日11日は、神官をお願いして地鎮祭を執り行いました。昨年3月から杉材の伐り出しを始め、来年28年春の着工に向けて、設計・許認可の作業を進め、晴れて建設予定地の地鎮祭の運びとなりました。工期は丸二年とかなりの長期戦を予定しています。竣工は平成30年3月末、供用開始は同4月末の予定です。

 「出荷管理棟」 現在の出荷作業場が老朽化したことと、冬の屋根雪の除雪対策を考えて、現在の機能を移転する目的で建設するものですが、基本的なコンセプトは、根知谷の木、石、土を使い、根知谷の職人の技で建てる本格木造建築です。昔はほとんどの資材を地元で調達し、建築し、補修し、長く大事に使ってきたものです。何とか、少しでも、そんな要素を取り入れて、根知谷らしい建物にしたいと思います。

 早く、安く、見栄えよく。そんな時代に逆行するようなものですが、何とかやり遂げたいものです。すでに製材され、天然乾燥している部材も、最大最長の梁になるものは12mです。80年生の杉材ですが、近寄ると自然の生命力を感じることができます。どうぞ近くに立ち寄られる時は、出荷管理棟建設予定地周辺の変化をご覧ください。

 
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。